職場の仲間に勧められたイグニス化粧水

肌ケアを意識して化粧水をつけるようになって約15年。今までこれと言って自分に合う化粧水に出会ったことはありませんでした。というか、「自分に合う」という感覚がわからないまま、いつも地元のドラッグストアで安くなっているものを購入したり、母の化粧水を勝手に共有したりしていました。

ある日の職場の休憩時、先輩後輩混ざった中で化粧品の話題が出ました。そこで、私は自分にどの化粧水がいいのかわからない、化粧水迷子で困っていることを話しました。すると、50歳の先輩が「イグニス」を勧めてくれたのです。「まず、香りに癒されるよ!」、「しっとりもっちりするの」とのこと。私が「へぇ~(どこに売ってるんだろう)」と相づちしていると隣の20代前半の後輩も、「私もイグニス使ってます!あと、○○(その場にいなかった先輩)さんも使ってるみたいですよ!」と言っていたのです。え!?みんな使っているの?そんなにいい物なのイグニス…と、その後の話の内容を聞きながらもミーハーな私は次の週にイグニスを購入していました。



使ってみて驚いたことは、見た目の可愛さと香りの良さです。香水瓶のような可憐な容器に入っている化粧水は、ハーブの香りがしてまるで塗り込むアロマのようです。

そして、イグニスを使って気づいたことは「液だれ」しないこと。これまで私が使っていた化粧水はどれも手に取って顔につけると手首から化粧水が服の袖口へと滴っていきました。しかし、私は「化粧水ってこういうものなのよね、仕方ない」と勝手に自己完結していました。でも化粧水ってこういうものではなかったのだ!とこのイグニスを使っていい意味で裏切られたのです。乾燥肌の私が、つけてしばらくしても肌がしっとりしている。香りも(好みが分かれると思いますが)自分好み。液だれしない。

イグニスを使って初めて、それぞれの化粧水の違いを感じることが出来ました。

値段はドラッグストアのものの3~4倍しますが、感動のあまり今でもイグニス愛用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です